読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナイルレストラン


「カレーブログにすべきじゃなかろうか?」


・・とふとそんなことを考えてしまった土曜日。土曜日は用事がなければジムいってカレー食いに行こう、と考えていたわけですが、平日のブログがぴたっと止まってしまったがために、このブログはカレーだけが強調されてしまっている。
でも、日本人でカレー嫌いなやつってめったにいないだろうし、誰だってうまいカレー屋の情報知りたいと思うのは当然だろうと信じて、半ば過剰気味にカレー屋散策している、今日この頃。


今回は銀座のナイルレストランに行ってきた。そしてこの店を選んだのはもちろんいつものやつ→(友人リスト

このお店はインド料理屋としては老舗の部類に入るらしいが、お店はやはりこじんまりとしている。中目黒のセイロンインっていうお店のときも思ったけど、インド料理って人気ないの?



で、これがこのお店が長年守り続けているムルギーランチ1500円。ランチだけど夕食でも頼むことができる。お店に入るとメニューを出される前に「ムルギーランチおいしいよ、おすすめよ」とナイルさんに迫られたので、「あ、それで。」とメニューも見ずに頼んでしまった。


で、カレーなんですが、ごらんのとおりジャンク感が漂っております(笑)カレーは骨付きチキンとライス、野菜、ジャガイモが1つのプレートに乗ったものです。ボーイの人が皿を置いてから骨をとってくれます。この見た目のジャンク感はひょっとしてはずしたかもしれない・・・とかなり抵抗があったが、食べてみたらこれはこれでうまくてちょっとびびった。
ここのカレーは今まで紹介したカレーのベクトルとは違う。見た目どおりジャンクカレーを極める方向へカレーが進化してる。汗腺が開く!とか濃厚!とかではなく、もっと身近なカレーの新しい一面を見せられた感じ。「へー・・これはおもしろいわ・・こういうの気軽に作ってみてえなぁ」と食べながら関心してた。


場所ここ。

大きな地図で見る


ちなみに今回頼んだムルギーランチ、頼んで3分で出てきた。早すぎる(笑)ナイルさんに「まぜまぜして食べたらオイシイヨ!」と言われたが、カレーは混ぜたほうがおいしいよ派ではないので普通に食べました。ごめんなさい。
あとあとしらべたらナイルさんって結構有名な人だったのね。