読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生時代のなつかしき食べ物復元

夜、大学院時代に後輩引き連れて食べに行ったあの料理。
漫画を読みながら食したあの料理。
店のおやじが「腕がしんどいからやめた」というあの料理。
久々に食ってみたかったのでがんばってみた。



材料はたまねぎ、ピーマン、ベーコン。それぞれ手ごろな大きさに切ります。
さーって調理開始。


フライパンにサラダ油をしいて、バターを落とします。



ある程度とけたら、たまねぎがしんなりするまで炒めます。



しんなりしたら、ベーコン、ピーマンを放り込んで炒めて・・



マッシュルームを加えてさらに少し炒めます。
この時点でだいぶ料理が絞られてくるな。



ケチャップ大さじ4放りこみます。これでもうばればれに違いない。



ほどよく水分を飛ばしたら・・・



火を止めてあらかじめ茹でておいたパスタ投入!



さっとまぜて・・



粉チーズを若干まぶします。先週の男子ごはんでやってたのでこれ採用。



最後に、伝説のナポリタンに重要な"あれ"を加えて・・・




じゃーん完成ー。大学近辺の通称「ちめ」と呼ばれていた喫茶店のナポリタンです。


「ちめ」のナポリタンは、上に目玉焼きがのっかってるのが特徴。
目玉焼きがナポリタンの酸味をほどよくマイルドにしてくれてベリーグッドです♪
あの味が今ここに再現された!・・・とまではいかんが結構うまいっす。うひょー。




ナポリタンは日本人が考案した料理。
たまねぎ、ベーコン、ピーマン、ケチャップ・・・どれも自宅によくある具材。
スパゲティっていろいろあるけども、たまにはナポリタンもいいですよ、庶民っぽくて。