読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

民主党に任せるというのはつまりこういうことなんだよ。

ネガキャンっぽいのはあんまよくないんだけど、民主党の言うことは非常に無責任で計画性がないことに気づいて欲しいわ。総選挙も近いしね。
D


たまに「おまえは自民党派なの?」って言われることがあるんだけど、この表現は非常に誤解を招いている気がしてならないです。俺は麻生さんならびにその周りの一部の閣僚や議員を崇拝していますが、自民党全部が好きってわけじゃないです。
政党は基本的に組織であって会社と同じような物です。当然その中には力のある人もいればない人もいるってのは当たり前。これはわかると思います。


会社って個人の能力だけで成り立っているわけではありません。これで成り立っているとすると、中の従業員が入れかわり立ちかわりするたびに経営が大きく傾いてしまいます。会社は、長い歴史の中で力のある人が会社を支える仕組みをつくったり、時代にあわせて少しずつ変えていくことで、結果的には力のない人でも、ある程度の業務がこなせるような底上げの仕組みができあがっていきます。そしてその仕組みや枠組みから生み出されるものには、ある一定の水準以上の品質が保たれるようになり、その一定の品質こそが会社としての信頼という目に見えないものとして残っていきます。


自民党は優秀である!とはいいません。でも・・政権与党として今まで国を破壊せずに現実的な回答を何十年も積み上げてきた歴史は確かなものです。今と20年前比較しても、明らかに豊かになっているはずです。
その上で、民主党の代表である鳩山由紀夫(組織の長)の発言・企業献金がらみでの態度・政策内容を比較し、それでも民主党に任せられるのか・・ということが重要です。


「1回民主党にやらせてみたらいいんだよ」
「今の自民党はダメなんだって」


・・とか、国の運営をお試し版みたいに軽く捉えたり、よくわかりもせずに「ダメ」という一言で片付けるというのは正直楽観過ぎます。国の運営ですよ?自分の国の運営ですよ?税金や医療、今働いている会社への補助制度などなどすべて含めて自分の話ですよ?


俺としては自民党がどうなるかなんてどうでもいいです。俺が生きていくのに不都合がない国であるなら、どの政党が与党になろうがかまいません。
でも・・俺に不都合が起きないかっていうのをずーっと上まで上っていくと、最終的には国の政策まで行き着くし、それは政府が握っているわけですよ。そしてその政府は実質今、自民党民主党の2択しかない。その上でどっちの方が任せておいて安心かと思うと、鳩山由紀夫のとんちんかんな発言に比べたら、麻生さんの言うことは非常に納得できるし、信頼がおけると判断してます。だから、その麻生さんが活躍できる自民党を推進しているという感じです。


麻生さんは引き続きがんばってほしい・・・。だって今年は就任後運悪くリーマンショックが起きて、景気対策だけだったんだよ?あれだけじゃ麻生さんは現状キープしただけで、さらなる繁栄へ貢献していないことになる。俺はその先の繁栄の道筋をもっともっと見てみたい。


でも・・都議選とか市長選挙の結果を見るといささか不安になるね。民主党が勝つ理由がまったくわかんない。最近テレビみてないけど、一番の影響はやっぱマスコミでしょうね。。


情報操作って、かかっているほうは自覚ないから恐ろしいわ。